美味しく深い中国茶

中国茶は全てのお茶の発祥です。
現代日本では、日本茶さえも、ご家庭で飲まれる機会は減っています。
中国茶であれば尚更なじみが薄く、飲んだことが無い方も殆どだと思います。
とても残念な事です。

私は中国で長らく仕事をしていた関係で、現地で中国茶を知る機会がありました。
中国茶は日本茶と違って種類が多く、味覚と香りに優れ、健康的な飲料です。
難しい飲物だと思われている節がありますが、決してそんなことはありません。
簡単に飲む事ができますが、深く広い世界が広がります。
その良さが日本では知られていない事は本当に残念な事です。
専用の茶器が無くても、コップでも構いませんし、急須でも構いません。
できれば多くの日本人のみなさんに、中国茶の美味しく深い世界を知って頂きたいものです。

中国茶の最大の特徴は持続性です。
日本茶は、一煎目がとても美味しく、二煎目からは徐々に味覚は出枯らして行きます。
味覚の持続性が極めて短いという欠点があります。
一方、中国茶はというと、茶葉の品質の良しあしにもよりますが、
一般的に5煎以上飲み続ける事ができます。
好い茶葉であれば、10煎飲んでも味覚が落ちません。
それだけ飲める飲料なので、何杯も飲む事ができます。
必然的に排尿回数が増えます。
体内の毒素を一日で何度も体外に出す結果になります。
茶葉そのものにも健康的な効能があります。
つまり、とてもデトックスな飲料です。
茶葉の種類は数千種類あると言われています。
又、茶器や道具の趣もあり、趣味として取り組むと、深い世界に入り込む事ができます。
リラックスできて美味しい。
簡単なのに深い。
美味しく深い世界観のある飲料、それが中国茶の世界です。リフォーム 会社 選び

Comments Off on 美味しく深い中国茶

Filed under 不動産, 趣味